緊急手術

土曜日に、出先から帰る途中に・・・





握る動作をすると「ゴリグリゴリ・・・」と違和感があるのです。
「うーん・・・これは、ヤバイな」と思い、翌日の日曜日に緊急手術を行うことにしました。

まぁ、休みの日でもあったおかげで手配するのが
何とか東奔西走し手術が出来る準備が出来ました。

あ・・・手術なのですがそれは、わが愛車の「ブンブン号」でございます・・・

左手を握ると伝わる違和感と言いますのは「クラッチ」のことでして
ケーブルなのかクラッチ本体なのかは、すぐにケーブル側の異常と検討が
ついたのはいいのですが、部品の手配に苦労するのが「ブンブン号」でして
すぐに処置をと言うことで、ネットで代用品を検索し部品調達にケッタマシン
(味噌煮込み地方で自転車のことねw)にて探し回りました・・・

探し回ること二軒目の店で、代用品をゲット!
e0136503_15433913.jpg

自転車のブレーキケーブルです!
但し、ケーブルの長さと径にケーブル終端部(通称・タイコ)の径が合ってればOK!
本当は、自転車部品で有名な「SHIMANO」のアウター(ケーブルの外皮)と
インナー(ワイヤー)のセットが欲しかったのですが、インナーの寸法が足りないので
アウターだけ切り売りしてる「SIMANO」にしてインナーはメーカー?ですが
とりあえずこれでヨシとします(泣

さて、部品は揃ったので「ブンブン号」のオペに入ります。

まずは、疑わしき患部を見ますと・・・
e0136503_16171455.jpg

「やっぱし・・・アウターの外皮が!」(赤丸の部分です。)見事に破けてました・・・
どうやら、原因はケーブルの取り回しがマズかったのと先週に分解したときに
メーターカバーと接触してたと推測します・・・

悩んでも仕方ないので作業に入ります。
クラッチ側のケーブル固定部を外します。
e0136503_16212622.jpg

赤丸にある部品がクラッチ側の固定部品なのですが
これまた作業がし辛い箇所にありまして、寝転がって格闘です(爆

クラッチ側のケーブルを解除しましたら
e0136503_16233031.jpg

クラッチレバーの支点部ネジを外して「エイヤッ!」とケーブルを引っこ抜くと
e0136503_16244513.jpg

見事なまでに、アウターが潰れた箇所からインナーがほつれてまして
このように、無残な姿で抜けました・・・もちろん、途中で引っ掛かってるので
適当なところで「ブチっ」と切っちゃいましたけどねw

これからがヘマすると面倒な工程に入ります。
旧品のアウターと新品のアウターに付け替えるのですが
ブンブン号の性質上、車体の内側にケーブルが配策されてますので
ただ、引っこ抜くと新品を配策するのに分解工程が増えるのはイヤなので
e0136503_16311643.jpg

旧品のアウターに針金を300mmほど入れまして外側にも300mmほど出しておきます。
e0136503_16323061.jpg

飛び出してるほうの針金を新品のアウターに挿入して旧品と新品の突き合わす部位に
ビニールテープでしっかりと巻いて固定します。
これが適当だとエラいことになっちゃうんですよ・・・

新旧のアウターを接続したら、あとは気合一発で
e0136503_16355229.jpg

ハンドル側から旧品のアウターを引っこ抜くと、運がよけりゃ新品アウターが
「こんにちは!」してくれるんです・・・

とりあえずは成功の証で新品のアウターです。
e0136503_16374391.jpg

無事に代わってよかった・・・

さて、これから第二ステージと言うことで
e0136503_16391912.jpg

インナーケーブルをアウターに挿入するのですが、延命対策として
グリスを塗りながら挿入していきます。

ココまで来たら、24時間TVで言うと100kmマラソンで苦しい表情で画面に映し出されている
ランナーへ武道館に居るメンバーが、ZARDの「負けないで」が歌ってる感じです(爆

次にクラッチ側のワイヤーを固定に使用する
e0136503_16481721.jpg

「ワイヤーエンド トラニオン」なのですが、右側が従来品で左側が変更品です。
何が違うかって言いますとですね
e0136503_1651346.jpg

従来品は、ケーブルとトラニオンが直角になってまして
クラッチ本体側のレバーが円弧動作する際にケーブルが振られて切れやすくなります。

e0136503_16533788.jpg

変更品はと言いますと、クラッチ本体側のレバー部にスッポリと嵌って
ケーブルが振られにくくなり切れづらいとのことです・・・
まぁ、本当かどうかはこれからですけどね(爆

さて、講釈男爵はここまでとしまして
インナーケーブルに変更したトラニオンを付けてクラッチ本体側のレバーとの
調整をするのですが・・・・これが、また厄介な作業でしてね
写真を撮る余裕もなく手が3つあればどれだけ楽かと思っちゃうくらいです。
実は、上記の作業をするのに楽な工具があるのですが・・・
            
電気工具で有名なHOZANのインナーワイヤープライヤーがあれば楽チンなんですけどね・・・

なんとか悪戦苦闘の末に
e0136503_1762380.jpg

クラッチケーブルの総入れ替え手術が完了しまして、遊びを調整も終えたところで
家の人間が帰ってきましたので試走は持ち越しなのでした・゚・(ノД`)・゚・

ちなみに手術費用 ¥750なり 
味わった苦労は、Priceless(爆

注記です・・・
自転車のケーブルを使用する際には、クラッチレバー側のアウターケーブルエンドに
トップハットと言われる部品が必要です!
      
※画像出典「宇賀神商會」さん
購入する時間がなかったので、旧品のケーブルに付いてたものを無理くり外してつけましたw
[PR]

by yoppapun | 2010-03-28 23:59 | ブンブン号(Vespa)  

<< 本日は・・・ お出かけ >>